image image
image image image
image
Brickone CONTENTS
image
image
image
image
2011年8月26日(金)〜28日(日)
第36回音楽の隠れ家 サマースクールvol.7 in 千駄木
image
image image image


 チェンバロ、オルガン、クラヴィコードといった昔の鍵盤楽器を通して音楽とじっくりと向かい合うことを目的とした3日間のワークショップです。チェンバロやオルガンをすでに学ばれている方、またピアノを弾く方でチェンバロやオルガン、クラヴィコードをこの機会にしっかりと学んでみたい方などを対象としています。
 また、ヴァイオリン、リコーダー、声楽などでアンサンブルのお相手として参加してくださる方も募集しています。
 聴講も歓迎ですので、興味ある方はぜひ足をお運びください。


■講師:大塚 直哉

■定員: 受講8名、聴講20名程度 アンサンブル参加(器楽または声楽)若干名

■参加費:
受講30,000円(学生28,000円)/アンサンブル参加9,000円/聴講1日3,000円 
(受講曲の全楽譜をお渡しします。楽譜代\500を受付にて申し受けます。)

■内容:
チェンバロ、クラヴィコード、ポジティフオルガンを用いたソロおよびアンサンブルのレッスン。
【1日目と2日目】
11:00から18:00まで1人40分ずつのレッスン。
夜は、レクチャー(1日目)、講師コンサート(2日目)を予定。
【3日目】
レッスン後、16時前後から(変更の可能性あり)受講生コンサート。終了予定19時。


■受講曲: ソロ曲とアンサンブル曲からなる10〜15分程度のプログラムをご用意ください。
ソロ曲例
【チェンバロ】※今年はイタリアンモデル(1段、音域C-e3)を予定していますので、フレスコバルディをはじめとするイタリアの作品、フローベルガーの組曲やトッカータ、スウェーリンクやバードの作品がお勧めです。バッハの場合は、平均律クラヴィ-ア第1巻、トッカ-タ,フランス組曲インヴェンションとシンフォニアなどが合います。
【オルガン】 フレスコバルディらイタリアの作品、スウェーリンク、フローベルガー、ベーム、 ブクステフーデらの手鍵盤だけの作品、バッハの4つのデュエット、手鍵盤のためのコラ-ル、平均律クラヴィーア第1巻、手鍵盤のトッカータなど。


■申込み:7/20までにEメールにて下記の1)〜5)をお送りください。
1)氏名 2)年齢 3)住所、メールアドレス、電話/Fax 
4)これまでの簡単な音楽歴 
5)希望楽器[チェンバロ/オルガンの別、*アンサンブルで受講の場合は楽器等]やレッスン曲名[アンサンブル曲について決められない方はこちらから曲を割り振ることもできます]など、このワークショップで学びたいことを自由にお書きください。   

※聴講申込みの方は1)と3)のみ。 
※お申込みの方には受領した旨、返信をいたしますのでご確認ください。
※受講申込み多数の場合は抽選の上7/22に結果をお知らせします。

■申し込み先:Brick-one(受講、聴講とも)
image
image image image
image
image

imagePAGE TOP
image お問合せ・お申し込み
image
image
copyright
image